自分はあまりその気もないけれど、どうも断りづらい「食事のお誘い」。

容姿端麗なモテる男女が社会人になると、そんな状況もよくあるのではないでしょうか(あくまでも想像)。

たとえば、上司や先輩などの自分より偉い人とか
たとえば、直接の上司ではないけれど、会社のそこそこ偉い人とか、
たとえば、取引先の担当者とか、偉い人、などなど。

社会人の礼儀としては、まず一度はお誘いを受けましょう。

ただ・・・

「一度食事に行ってしまうと、それ以降、何度も誘われてしまうんじゃないか・・・」
という不安が拭えませんね。

そんなときには、
われわれが提案するこの『青海苔ティース・カバー』を使ってみてください。

これを前歯にかぶせて食事に行くのです。

アナタは、登場の瞬間の笑顔から、別れ際のお礼のあいさつまで、
終止ずっと、前歯に青海苔が付いた状態で居続けることが出来ます!

しかし、親切な紳士淑女ならこう言うかもしれません。
「歯に青海苔が付いてるよ」と。

でも大丈夫。
アナタが何度ナプキンやおしぼりで歯を拭おうと、この青海苔は、絶対に取れません。
何しろもともと、くっついているのです。

「取れましたか?」

ニッと歯を見せる行為を何度も繰り返すうちに、相手もあきらめ、
この騒動も、曖昧な返事で幕を閉じることでしょう。

つまりこれは、無碍にできない相手に、やんわりと幻滅していただくアイテムです。

その他の用法としては、
「長く付き合った相手と別れたいが、自分から言い出すのはちょっと・・・」
という場面でも有効かと思われます。
デートのたびに青海苔ですから。

また逆に、あえて隙を見せる際に使うのも効果的かもしれません。